Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
メインメニュー
メロン栽培
レモン
レモン栽培ブログ
アクセスカウンタ
今日 : 2
昨日 : 3939
今週 : 202202202
今月 : 961961961
総計 : 978230978230978230978230978230978230
平均 : 228228228
マイ・オークションをごらんください
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ベランダメロン を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  ベランダメロン2005後半
ベランダメロン2005(後半)


割れも増えてきましたが、やはり片側だけ進んでいます。右側は、まだ割れていません。境界線があるみたいに、なんかきれいに分かれています。
一応、鉢栽培なので、くるくると全体が日に当たるように回しているんですけどね。
これが鉢栽培のいいところですね!

このころになると、もう水遣りを気をつけるだけですが、うどん粉病やツル枯れ病もありますから、気は抜けません。
限られた土の鉢栽培の割には結構、葉っぱやツルが大きくなりました。
このくらいの葉面積があれば、果実の肥大には十分でしょう。あとはどれだけ肥大するための肥料がうまくマッチしているかです。
葉っぱやツルを、ただ大きくするだけなら、窒素系を多くやればどんどん大きくなりますが、つるボケ(雌花が付かない)など弊害が出ます。
三大要素(窒素、燐酸、カリ)と微量要素(マグネシュム・・・)などうまくバランスがとれればいいですが、そんなの素人の私には分かりませんけどね!


現在、つる先は3周目ですが花が咲いている位置で摘心して止めてあります。


結構、ひび割れが全体に回ってきました。この角度からは、いい感じですが、反対側はまだひび割れは少ししかありません。

今年は、果実もいい感じに仕上がってきました。これでネットが全体に均一に出ていれば、完璧だったのですが、反対側のネットは今後うまく出てくれるでしょうか?


ここから見ると完璧に仕上がっているでしょう!(ふふふ。。。)
大きさも、まだ、大きくなると思うので今年のベランダ栽培は、ここまでは大成功だと思ってます。

下の方に小さな芽が2つ見えますが、これは食べた夕張メロンの種で、捨てるには惜しく、端っこに植えてみました。
これを、このまま育てるかは未定です。
結構大きくなってきました。心配していたネットも全体に回ってきて、一安心です。
まだ小さいひび割れも続いていて肥大もしています。もう少しは大きくなってほしいので水遣りは欠かせませんが、最近、気温が高く夕方には、鉢はからからに乾いているので、夕方も少し水遣りをしています。まあ、やり過ぎは禁物ですが、このくらいなら大丈夫でしょう。

下葉に、恐怖のうどん粉病が出てしまいました。ベランダで消毒はしたくないので、2葉ほどカットしましたが、まだ出るようだとちょっと考えなくては・・・


現在の重さを計って見ると、1キロちょっと。
まあ、順調に肥大している。 が、最初の目標のサッカーボールぐらいの大きさは、ちょっと無理かも。。。 でも鉢栽培でこれなら、まあいいほうかもしれない。
予想は、1.2〜1.3キロぐらいまでは肥大するんじゃないかと思う。

葉っぱの感じからも、ある程度の水切りにも耐えれそうなので、糖度も悪くは無いと思う。
これは、先端の摘心した所からの脇芽です。ここまでは肥大を優先させてか、脇芽はあまり伸びて来ませんでしたが、ある程度、果実が大きくなったので、あちこちから脇芽が伸びるようになってきました。
一応、先端のこの脇芽だけ置いて、あとはカットしています。肥大が最終段階になったら、この脇芽も取ってしまいます。

この脇芽のことを、「遊びずる」と言って、成長点を残すことによって、根の勢いが衰えず、水切り時のしおれを防止するために残しておきます。
収穫10日前からは水をやらないことによって、糖度が上がるので、しっかりした根を作ることが糖度上昇の鍵なのです。
ビニールハウス内の栽培では、今年は、あまりうまく行かなかったが、このベランダ鉢栽培は、思ったよりうまく行ったと思う。
左の写真を見ても結構、店頭にあるものと代わらないと思うし、ベランダでここまで出来るなら、この栽培をもっと研究して本格的な鉢栽培を確立して鉢メロンを売り出せばいいかも・・・

あとは、味と糖度がどの程度か気になるが、ちゃんと最後の試食までこのまま続けます。
そろそろ、新たなひび割れも出なくなってきた。肥大も8割は終了したと思います。
栽培後半は、いろいろな病気が多発することは、今までの経験(と言ってもまだ2年目)から分かっているので気は抜けません。
うどん粉病やツル枯れ、ツル割れはこのあたりから発生してここからと言う時に、しおれて枯れてくるので栽培後半は今まで以上に毎日の観察は欠かせません。

ちなみに、この実の受粉は6/27日で、現在ちょうど30日目です。
と言う事は、お盆あたりが収穫時期になりますが、収穫、追熟して試食は8月末になる計算です。
またうどん粉病の発病です。調べるとこの葉っぱだけなので、またカットしてしのぎましたが、あまりカットしすぎると葉っぱが無くなってしまうので、そろそろ本気で消毒を考えないと・・・
一度広がってしまうと、なかなか抑えられないので予防は大事ですが、できればベランダで消毒はしたくないです。

重曹(ふくらし粉)で直るらしい、と言うのを聞いたのでちょっと調べて、やって見ようとも思ってます。
うどん粉病がやはり収まらないので、しかたなくダコニールで消毒した。ついでに玉拭きもして、ネットの盛り上がりを良くなるようにしました。

玉拭きとは、ネットをきれいに盛り上がるようにするための作業で、ダコニール1000倍を作ってタオルに染み込ませ、表面をゴシゴシと少し強めにこすり、ネットを少し削るようにすると、ネットが再生してきれいに盛り上がるようになります。

それもあってダコニールを使ったのですが、うどん粉病には、重曹(ふくらし粉)を試そうと思っていましたが、ちょっと調べる時間がなくて・・・


鉢栽培の場合、大きくなった時には重さも結構あります。これで1.6キロぐらいですので、ひもで吊っておきますが吊る方向が外側だと重さで倒れてしまいます。
うまく中側に来るように着果節は中向の物でないと、このころになって後悔しますよ。

中向きだと、ちょうど中心付近に果実が来ますから、安定します。でも強風では倒れる可能性がありますから、台風など強い風のときは鉢ごと避難しましょう。。


はかりで計って見ましたが、間隔が無いため、はかりがうまく入りませんでした。
むりやり入れて撮影しましたが、つるは大丈夫だったかなーー
現在、1.6キロちょっとです。

収穫まであと10〜15日になったので水やりをひかえて行きます。これまでは、ぞうさんのジョロで2杯分でしたが1杯にして、様子を見ながら、たまにやらない日も作りながら、水を切っていきます。最後の5〜7日はやらないつもりです。
さすがに、鉢栽培に場合は水を切って行くとすぐに効果が現れる。葉っぱは、しおれて下にたれ、勢いがなくなって今にも枯れそうになる。
地植えの場合は、根がしっかりしていれば水を切っても結構がんばるが、鉢植えの場合は土の量が少ないため、乾きも早く、いくら乾燥に強いメロンでもカラカラには耐えられないでしょう。
予定では完全に水切りをする時期ですが、夕方におなじみの「ぞうさんのジョロ」で半分ぐらいをやって、枯れない程度に水を減らすことにします。
最後の収穫出来そうになれば、もう枯れてもいので完全に水切りして、最後の仕上げで糖度を上げるようにします。

この最後の水の操作で糖度が決まりますが(肥料がうまくいけば)、失敗して早めに枯らしてしまうと、甘くないメロンになってしまいます。
予定糖度(希望)は14度以上ですが、悪くても12度はあると思います。


収穫しました。
ちょっと小さめの1,4キロですが、まあ小さい鉢栽培なのでしかたないです。
また、うちのベランダは朝11時ごろまでしか日が当たらないので、絶対的な日光不足ですが、反対に言うなら日当たりの悪いベランダでも、このくらいは出来る、と言うことです。
ネットは、アールス的なネットになって見た目は、まあいいと思います。

このまま室温で追熟して行きます

追熟ですが、間違っても冷蔵庫には入れてはいけません。必ず、涼しい所に置きましょう。冷蔵庫では、追熟は進みません。

そのうち、へたが写真のように枯れてきて、お尻からやわらかくなっていきます。
お尻を押して、やわらかくなったら、腹の部分を押してみて、すこしへこむ程度になったら、食べ時です。
半分に切って種を取り、ラップをかけて冷蔵庫に1〜2時間冷やしてから食べます
冷やしすぎると、甘さが薄くなるので、冷やしすぎないようにしましょう。


ちょっと、関係ないですが「チョコボール」にメロン味があるって知ってました?
最近、なんでもメロン味の何とか・・ というのがあるような気がします

ちなみに、食べた感想は、いまいちでした。。。
チョコボールなんて食べたのは何十年ぶり?だろう


追熟も終わって切ってみました。
第一印象は、「しまった、収穫が早すぎた」です。見た感じ、熟し方が足りず、「とろっ」とした感じが足りません。追熟が足りないのではなく、もうちょっと木に生らして養分を貯めないと・・・

鉢栽培では、1個しか生らしてないので、収穫時期は1発勝負です。だいたい通常のハウス栽培では55日が目安ですが、うちのベランダの日当たりから見て、通常より長くするべきでした。



やはり、収穫が早すぎたため糖度は思うように上がらず12度でした。
外観が良かったので、この糖度は12度は残念でした。でも、ある程度の甘みはありますが・・・
ネットメロンのベランダ栽培(鉢植え編) あとがき
  
  鉢での栽培、しかも日当たりの悪いベランダでの栽培ですが、去年は果実も野球ボールくらいの大きさしか出来ず、ここでは無理かな?とも思いましたが、何とか今年は、見た目はまあまあの物が出来ました。
日当たりは、朝10時、11時までしか当たらず、絶対的な日光不足ですが、普通の家のベランダで1日中、日の当たる所は少ないと思います。
という事は、どの家でもベランダメロンは作れるはずです。

だいたい、100日ちょっとで収穫できますから、来年はお宅でも栽培してみませんか?
それでは、来年また 「マスクメロン ベランダ栽培(鉢植え編)」Part2 でお会いしましょう

                        2006年ベランダ栽培開始中!!
投票数:709 平均点:8.59
前
ベランダメロン2005前半
カテゴリートップ
ベランダメロン
次
ベランダメロン2006前半
検索
カレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
お天気

-天気予報コム-
ブログ月別過去ログ
ブログ カテゴリ一覧
XOOPS Cube PROJECT
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project