Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
メインメニュー
メロン栽培
レモン
レモン栽培ブログ
アクセスカウンタ
今日 : 2727
昨日 : 4444
今週 : 172172172
今月 : 1022102210221022
総計 : 965879965879965879965879965879965879
平均 : 233233233
マイ・オークションをごらんください
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メロン栽培2005 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
トップ  >  定 植
メロン栽培2005 (定植)
2005/04/24
まだ完全な準備ができていなかったが、本日定植した。まあ去年と同じに、バケツの水に浸けてから、ちょっと盛り上がる程度に浅く植える。一緒に入れたものは、アブラムシ対策のベストガード粒剤と植え付け肥用に可燐酸石灰です。
植え穴にベストガードと可燐酸石灰を一つまみを入れた様子。苗の根は結構伸びていた。このまま、来週に定植だったら遅すぎたので、無理して今日定植してよかった!でもポット内の土がちょっと少なすぎ・・・(ちょっと手を抜きすぎ)
これが定植した様子。去年とあまり変わらない。今年は、出来るだけ去年の画像とは違うものにするようにします。
2005/05/01
夕方、地温を計っても32度あった。もう低温は心配ないが、これからは温度の上がりすぎに注意しないと・・・ 右はもう花(雄花)が付いているがこの花は必要ない。今年の苗は去年と比べて葉間かなんか狭いような気がする。去年はもっと茎が伸びていたが今年は次の葉がすぐ出て脇目も多い感じがする。まあ、今の時期はじっくりと徒長させず、しっかりとした根が出来るような栽培がいいので、このままでいいだろう。脇目と花はもうちょっとしてから取るつもりです。
連休中には、つるが登っていくための紐も取り付けなくては・・・
2005/05/02
晴天時にビニールを空け忘れると、あっと言う間に40度を超えてしまう。葉っぱは、しおれマルチ内は、あっちち状態だ。急いで換気して、夕方潅水するとすぐに葉っぱは復活した。たぶんメロンにしてみると、冷たーいビールで生き返った感じだろう。
右はベランダ栽培用の苗です。「メロン職人の役に立たない話」でも書いたように、今年のベランダ栽培の目標はでかいメロンを作る!です。プランターはやめて、この鉢でどこまでおおきい果実が出来るか挑戦なのです。ベランダ栽培と言っても最初は邪道にハウス内での栽培ですが・・・
2005/05/04
順調に大きくなっているが、やはり植える時期が遅かったようだ。せっかくハウス内に植えているのだから、もっと早く種まきして定植すればよかった。
葉っぱを虫にかじられた苗も順調に復活してきた。一時はどうなることかと思ったが・・・
そろそろ脇目が大きくなりそうなので、苗に負担をかけない程度にとって行きます。まだ巻きひげ
は出てないが、そろそろ出てくるはず。

プレゼント第2弾 種プレゼントに続く第二弾は抽選で1名様に収穫した1個を差し上げます。
詳細は後日発表(見逃さないように!)ここから
2005/05/05
今日、つる誘引用のひもをつけた。これで大きな作業は終わって、あとは大きくなるのを待つだけだ。次回の大きな作業は受粉だが、うまく雌花が付いてくれるだろうか?
はっきり言ってこの雌花は大事だ。ここで雌花が定位置に付かないと、あとは無い。だいたいここまでは適当にやっても何とかなるが、受粉着果はうまくいかないと、今までの苦労が水の泡となってしまうのでなんとか乗り切りたい。

誘引しながら脇目も取ったが、まだ巻きひげは出てない。去年はもう出てたような気がするが品種が違うからかな??
2005/05/08
脇芽に早くも雌花が付いてかわいい果実が見えるが、これは残念ながら取ってしまう。今年の着果節は13、4節目を予定している。去年は11、2節で着果させたが、大きさがいまいちだったので今年はちょっと上の方で作ろうと思う。上の方が果実が大きくなるらしい。
右は巻きひげで、つるを固定しようとこのままにしていると巻きついてくるが、これも取ってしまう。また不要な雄花も取って行き、余計なことに成長のパワーを使わせないのだ!

TOPページのメインロゴが変わったの気づきましたか?今までテキストを装飾して書いていましたが、ブラウザによってはうまく表示できてないので、画像に変えました。ついでに「ど素人の」の文字が右から飛んでくるようにしましたが、JavaScriptを有効にしないと動きません。あちこちにJavaを使っているので、Java無効のままだと完全表示できませんよ!
トップページにあるお気に入り登録ボタンを押すといつでも動きます)
2005/05/11
アールス系のメロンなので1株1果取りで栽培している。脇芽はすべて、取って残すのは12、13、14節目の3つだけだ。この中から最終の1個を選んで大きくする。
脇芽の取り方だが、右の写真で2箇所取っているが下は、はさみでカットしたもの、上は手で取ったもので、はさみでカットすると元が伸びてくるが、手(爪)で元から取るとそれ以上伸びてこない。このことから脇芽は手で取るにかぎる。この伸びた脇芽は、もうそんなに伸びないでそのうち枯れて来るが最悪はそこからツル枯れになるので注意しないと。(拡大画像あり)
こんな情報は、ほかのサイトには書いてないでしょ!
2005/05/15
左はポットに直接植えた種からのもので、少し成長が遅い。よく見るときれいに二股に分かれているのでこの苗は二本仕立てにしよう。前は1本で2個取りは実験したが、今回はどうだろう。
右は、思わず衝動買いした1300円のパパイヤの苗だ。余った鉢に植えたのは、自宅のベランダで育てようと思ったからだが、やはりハウス内に植えた方がが良かったかも。
いっしょに買った黒トマト(色が黒い)の苗はハウス内の暑さに耐えれず枯れてしまいました。
黒いスイカや黒いトマト、パパイヤの苗など、私は変わった物が好きですぐに苗を買ってしまう。メロンもこの辺では珍しいので栽培してみたが、メロンに代わる珍しい物も栽培してみたい。条件はおいしくて、栽培期間が短く(1年以内)、珍しいものを探しているが現在のところメロンを超える果物は見つかっていない。
2005/05/20
脇芽から出た1節目は、順調に雌花になっている。この分だと予定の12、3節目には、うまく雌花が咲きそうだ。雌花が咲かないと、受粉もできず当然メロンも出来ない。去年もベランダ栽培では1つ雌花が付かず、断念した経緯がある。ハウス内では9割は大丈夫だったが、たまに予定の所に着果できない時がある。ベランダ栽培では本数が少ないので、失敗するとちょっと「がっかり」なのだ。
右のパパイアの成長がいい!このまま行くと、なんか物になりそうな気がしてきた。もう1本苗を買って増やしてみようかな。以前、マンゴーの種を育てていたが冬を越せず枯れてしまった・・・私はパパイヤよりマンゴーのほうが好きなんだが。。。
2005/05/22
脇芽に雌花が付くのはいいが、去年より節間が短くすぐに雌花が付いている。去年はもっと節も太く、長さもある程度伸びて雌花が付いていた。今年の付き方は去年ベランダで栽培したときのような雌花の付き方だ。ベランダ栽培のその後は子ずるの第2節が伸びず、そのまま成長不良で玉も大きくならなかった。このような子ずるの雌花の付き方は、なんかいやな予感が・・・
右はベランダ栽培用に鉢に植えたものだが、やはり地植えしたものと比べると成長が悪い。茎の太さや葉面積が大分違う。根域が狭いのと地温のさめ方が地植えとは全然違うからだろう。
来週ぐらいには自宅に持って帰り、ベランダで栽培します。
2005/05/25
そろそろ着果節が出来てきた。順調に第一節は雌花が付いてきているので、受粉も始めなくてはいけない。
よく、雌花と雄花の違いを聞かれることが多いが一目瞭然で、雌花は花の下に小さい果実が付くが(写真が雌花)雄花は花の下にふくらみが無いのですぐ分かる。
通常、親ツルからそのまま咲く花は雄花で、小ずるの第一節目以降には雌花が付く。最初のころは、雄花しか咲かないので不安になるが、子ずるの一節目に注意してみるといい。
着果 に行く
投票数:274 平均点:5.69
前
種まき
カテゴリートップ
メロン栽培2005
次
着 果
検索
カレンダー
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
お天気

-天気予報コム-
ブログ月別過去ログ
ブログ カテゴリ一覧
XOOPS Cube PROJECT
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project